Github上の画像を自動圧縮してくれるImgBot導入した

ブログ的に使ってるとリポジトリの画像重たすぎるよなぁ…外部サーバ探そうかな、とか思ってたら良いサービスがあった

IMGBOT
A GitHub app that optimizes your images
https://imgbot.net


リポジトリ上の画像を自動圧縮してpull requestしてくれる奴

便利ですね。HugoとかJekyll使ってる人はすごく良さそう
早速導入してみることにした


Github Marketplace で無料公開されてます
https://imgbot.net

Githubとの連携は、ポチポチ押すだけで何も無いので割愛

ImgBotの設定

色々と設定ファイルが書けるので、書く
ImgBot / Documentation

このブログは更新頻度も高く無いので、週1にスケジュール
サービスとかと違って、画像は荒くなっても構わないので圧縮率をあげるべく aggressiveCompressiontrue
圧縮されたくないロゴとかは ignoredFiles に設定

こんな感じでブログに合わせて設定しました

ドキュメントめっちゃ簡単で読みやすいです

{
    "schedule": "weekly",
    "aggressiveCompression": "true",
    "ignoredFiles": [
        "/static/avatar.png",
        "/static/logo.png"
    ]
}

Pull Request

実際にプルリクきた

画像にもよりますが、結構圧縮されてる・・・しゅごい