会社が雇用保険の加入申請をしてなかった話

実際にあった話です。メモも兼ねて

結果的に、過去に遡り雇用保険には加入されました……が、資格取得年月日が就業開始日とズレのある状態になりました



会社が雇用保険の申請を忘れていた

働いている人は当然、雇用保険にはいっていると思うのですが……
「会社が忘れていた」なんて理由で雇用保険に入っていなかった!
なんて事が実際に起こりました


雇用保険への加入は義務であり、怠った場合は罰則もあります。
そもそもずっと給与から天引されてるので、疑う余地すら無いし。

会社に悪意があったわけではなく、発覚後速やかに過去に遡り加入申請されましたが、すべて解決したわけではないので、記録として残しておきます。


そもそも雇用保険とは

ざっくり言うと、何らかの事情で仕事を辞めたとき、次の仕事が見つかるまでの期間中にお金を貰える仕組みです(失業保険)
お金がないと生活も出来ないし、転職活動に使う資金も無くなってしまうので。

発覚した理由

事が発覚したのは、会社を退職した人が離職票と雇用保険被保険者証の申請をしたときでした。
当然、雇用保険に入ってなかったので書類なんて用意できるわけがありません

雇用保険被保険者証 … 「雇用保険に、何年何月何日から入ってますよ」と証明するやつ

会社から、雇用保険被保険者証を各自保管してくださいと渡された

今回の事が発覚し、経理担当者の方がハローワークに事情を説明・申請をしにいく運びとなりました。
その際、発行された雇用保険被保険者証を「従業員の方に渡してください」と言われたらしく、本日発行されたものを渡されました。


殆どの会社が会社で保管し退職日に渡すもので、紛失も怖いので個人保管はあまりしたくないのですが、おかげで今回の事に気づきました。

資格取得年月日が就業開始日と違う

渡された雇用保険被保険者証を確認すると「資格取得年月日」として、平成25年某日と記載されていました。
私が入社したのが平成24年で、実際の入社日と1年以上(485日)のズレがありました。

資格取得年月日 … 被保険者となった年月日。この日を基準に受給期間の決定などがされます

何故こんな事になったのか

経理担当者が、雇用保険控除の証明をもってハローワークにいった際に 「遡ることの出来る最大である約5年程前を加入日として設定した」 と説明を受けたとのことでした。

対象期間分の証明書を持参すれば10年以上遡りをする事も可能らしいですが……なぜこのような説明を受けたのかは不明です。
※ 証明書 … 雇用保険控除された給与明細書・所得税源泉徴収票・賃金台帳の何れか

再遡りの申請は必要か

私自身、ハローワークに電話確認し「証明書を用意し再遡りの申請は可能」との回答をいただきました。
今回の場合は会社が比較的協力的なので良いですが、申請は「いかなる場合も会社を通して申請をする必要がある」らしく、会社の対応によっては泣き寝入りをするしかないのかもしれません

申請を拒否すれば何らかの罰則があるのかもしれませんが……

自分で給与明細書をずっと保管していれば問題ないのかもしれません。
ちゃんと全て保管しておきましょう(戒め)

再遡りの申請をしない場合、どうなるか

離職日によっては受給される総金額に影響がでます

今回は比較的速やかに対応してくれたので、私が損をしないなら最悪そのままでも良いですが、損するとなると困ります

受給金額について

受給金額は「過去2年間で月に11日以上労働した直近六ヶ月」の給与から受給金額が決定するそうです
資格取得年月日がズレていても、今回の私の場合でいえば金額は関係なさそうです

受給期間について

資格取得日から離職日までの期間で、受給期間が決まります

資格取得年月日から
1年以上10年未満の場合 … 90日の受給期間
10年以上20年未満の場合 … 120日の受給期間
20年以上 … 150日の受給期間

となっており、今回の資格取得年月日のズレが影響ない場合もあるが、私が10年目で退社した場合、本来の受給期間である120日分の受給を受けられないことになります。

今回のまとめ

受給期間に影響の出る範囲内で離職した場合は、再遡りの申請を出すことにするメモと一緒に、雇用保険被保険者証を保管しておく事にします

他の従業員の方で、10年以上勤務している人で5年前の資格取得日になっている方もいるので、適切な申請を申し出るよう連絡しておきました


ただ、タイムカードや賃金台帳の保管期間は3年
源泉徴収票の保管期間は7年と、10年以上遡る必要がある場合は、証明となるものを提示できない可能性があります

きちんと雇用保険に加入されているか、自分で確認する方法もあるので、心配な人はちゃんと確認しておくようにしましょう。
ただただ、無駄にお金捨ててるだけになるので。

厚生労働省のページに、照会の手順・説明が記載されてます
雇用保険の加入手続はきちんとなされていますか! | 厚生労働省

前職からの雇用保険引き継ぎについて

前職の離職日から、再雇用まで1年未満の場合は前回の雇用保険を継続して支払っている形になり、継続年数が異なります 前職で被保険者となった日付が、資格取得日になるわけですね。

1年以上間があいた場合は 掛け捨て になるとのことです
……前の仕事やめたとき、もらっておけばよかった TT