こんな迷惑メールが届いてた

[重要] Amazonアカウントセキュリティシステムをアップグレードする必要があります。

リンク先が、怪しいサイトにつながってるようです

いつもなら「はいはい」といってすぐに削除してしまうのですが、今日はTwitterで類似メールでの詐欺に引っかかってしまった方がいたので、迷惑メール如何の見分け方・対策を残しておきます

油断すると被害は甚大なので、よくよく気をつけるように


差出人は信用しない

メールって、実際はただのテキストが送られてくるだけ
メールクライアント、所謂メーラーが 特定の書式に則ったそれを見やすく分類・表示しているだけなのです

メールのテキストに From: から始まる行があれば、その行末までを差出人として表示するといった具合です

From: sample<contact@sample.com>

本文同様、差出人のところも メール送信者が自由に記載することが出来るので、 基本的に差出人は一切信用しないようにしましょう

同様に送信日時も信用しない

これも、上記と同様一切信用できない
先の From と同様 Date: から始まる行が日時として表示されるだけです ○月○日には見に覚えが・・・とか、関係ないんで考えるのをやめましょう

本文も信用しない

届いたメールをまったく読まないわけにはいかないので、もちろん内容は読むのですが、
特定の個人や店舗、会社などのやり取り以外のメールは基本的に話半分で読みましょう

そして、内容が信用に足ると考えても、次の二つが大事です

リンクは絶対に確認するまで開かない

先のメールを例に取ると「支払いシステムをアップグレードする」のリンク先は
amazon-secure-co.jpとなっていました。

メールクライアントによりますが、カーソルをリンクにのせて少しまったり、 右クリックをすることで確認できるかと思います

Amazonのリンク先であれば amazon.co.jp なので、似てますが違いますね
ドメインは、対象サービスのものと 完全一致 しているもの以外は開かないようにしましょう
こういった詐欺メールは、誰もが利用するAmazonだったり運送会社だったり、大手サービスであることがほとんどです。
不安に感じたら、公式サイトから問い合わせをするべきです

添付ファイルは絶対に開かない

当たり前ですが、添付ファイルを開いたら基本は一発アウトです
添付ファイルは、見に覚えのある内容でも開く前には一旦躊躇するぐらいの姿勢でのぞみましょう

リンクを踏んでも結構やばいケースがありますが、最新のブラウザやセキュリティソフトを入れていれば大きな被害にはなりません

ただ、ファイルを開いた場合は取り返しがつかないことが多いです


基本的に、リンクと添付ファイルは必ず確認してから開くこと
そして心配なら問い合わせをすることを徹底すれば被害は殆ど起きません

……中身のあまりない記事ですが、見た人が少しでも気をつけるきっかけになれば