Magic: Manastrike 攻略Wiki 【マナストライク】

Manastrikeのwikiが無かったので自分で作りました。
カード一覧・プレインズウォーカー詳細 完成済。

この情報が欲しい!編集手伝ってあげる!という方は、お声掛けいただけると助かります




Magic Manastrike(マナストライク) ランキング最上位プレイヤーデッキ 2/19版

恒例のメタデッキ考察

2020年02月19日 時点でのランキング上位20プレイヤーのデッキ紹介です。

2月15日ぐらいから「強奪する悪魔」と「髑髏カタパルト」が異常に流行ったのもあり、
それに対応する形で飛行クリーチャーや、「終止符のスフィンクス」を採用したデッキが増えてきました
更に、それに対応する形のメタデッキが出てきて、場が少し安定してきた時期になります。

デッキと共に書いてある短評は私の個人的な意見なので、あまり参考にはなりません。多分。

※ 10位以下は、デッキタイプも似ているのでコメントは簡単なものまでに。


1位

珍しいヴラスカです。最近少し増えました。
このプレイヤーは、かなり幅広いプレイズウォーカーを使ってる気がします。
極楽鳥+黒の強いカードといったコンセプトはわかるのだけど、
ベイロス頼みのこの前線、火力不足でかなり難しい気がしてしまいますね……

極楽鳥でマナ有利を付けた状態から、
ベイロス直出し → 苦痛の領域や怨恨の怨霊+ヴラスカなどで丁寧に立ち回る感じの攻めなのか。
一度リプレイが見てみたいです


2位

流行りの強奪する悪魔テゼレットデッキ
強奪する悪魔を主軸に据えたデッキでは、コレ以外のパターンはほぼありません
※ 霊気烈風の古きものを採用しない場合もあるかもだけど


3位

かつて良く見たテンプレソリン
最近のメタを見るに強い飛行クリーチャーが多いので、
目潰しを採用したくてソリンを選んだといった感じか

ソリンの目潰しはバーン系魔法に耐性をもたせられるのが非常にえらい


4位

2位の方と同タイプの強奪する悪魔デッキ


5位

終止符のスフィンクスを採用しないタイプのドビンデッキ
ドビンのスキルと目つぶしで、やっかいな相手の対処が間に合ってるっぽいです

終止符のスフィンクスを採用すると、火力・マナ不足が否めなくなります
カウンターの層を熱くしようにも、青白だとパワークリーチャーが少ないので
こういった形で、忍者の回転をあげる方が安定するのかもしれません


6位

強奪する悪魔ではなく、血統の守り手を採用したテゼレット
にやにや笑いの悪魔が一時期流行りましたが、飛行クリーチャーに無力なので
血統の守り手を採用するタイプの方が安定するのかなと、個人的には思ってます。

髑髏カタパルト、苦痛の領域、テゼレットで守りはかなり硬いので
マナストライクで勝負を決める型でも十分にやっていけそうです


7位

ちょっと珍しい強奪する悪魔を採用したソリンデッキ

強奪する悪魔デッキで、テゼレットが選択される事が多いのは
霊気烈風の古きものが青にいるのもそうですが、
プレインズウォーカーの優秀さ・硬さで選ばれてる事も多い気がします

対して、このタイプは清浄の名誉を採用する事で強奪する悪魔を攻撃的に強化し
回生の天使で、終止符のスフィンクスなどの対策もできてる感じです
攻撃的な強奪する悪魔デッキって感じですね。楽しそうです


8位

また強奪する悪魔デッキの亜種 ガラク型
ガラクの能力・面晶体・スズメバチの巣 から x5程度の強奪する悪魔を回す感じか
極楽鳥も採用しているので試行回数が多く、戦ってみるとやっかいかもしれません。
壁役のクリーチャーや、建物が採用されずにゲラルフの伝書使が採用されているのは、
強奪する悪魔召喚レーンを選ぶ布石なのか、火力不足からなのか。

いずれにせよ攻撃的な選択を押し付けるデッキで、これも楽しそう
ガラクのスキルで受けに強めなのも評価高い


9位

いつか書こうと思ってましたが、最近のチャンドラは「シヴ山のドラゴン」を採用します
飛行クリーチャーの対策もそうですが、建物が多く地獄乗りが仕事しにくい環境で。
建物の多くは飛行クリーチャーに弱いため、シヴ山のドラゴンがすごく仕事します

業火のタイタンまで採用しているのは珍しい気がしますが。


10位

黒単のデッキに緑カードを追加したようなタイプのヴラスカ
スズメバチの巣が入ってるのは結構珍しい気がします。
メタ的には確かに結構ささりそうなカード

普通に召喚するとメイン火力だそう「にやにや笑いの悪魔」が削られすぎるので
ヴラスカを使ってうまく前線に召喚する必要がありそうです


11位

絶滅危惧種のナヒリ
2200~の私のランク帯でも、ナヒリはかなり減りました。
※ たまに出てくる生え抜きのナヒリはすごい上手です……

ナヒリの苦手な飛行クリーチャーは剣客で対応しているのでしょうか
もしくは、範囲処理能力を高めにして、ナヒリの火力で抜ききるプランかもしれません

いずれにせよ、上位勢のナヒリの使い方はじっくりリプレイで見てみたいです


12位

少し前からいるテンプレチャンドラです
大型で火力の高いクリーチャーが多く、ガーディアン弱体化で受けにくくなった逆風の中
このタイプのデッキで高勝率なのは、プレインズがすごい上手なのだと思います……

デッキ如何も大事ですが、プレイングも見直す必要があるのかもしれません。


13位

10位ヴラスカに、憑依された護衛を追加したタイプ
にやにや笑いの悪魔を動かしやすくなる代わりに、飛行クリーチャーにかなり薄めな気がします

なまじ防衛的にした分、抜き合いになるシーンが多そうなデッキです


14位

強奪しないタイプのテゼレットデッキ
にやにや笑いの悪魔/血統の守り手が選択で、残りはテンプレです


15位

こちらも所謂テンプレ型のソリンです
髑髏カタパルトを採用すると、枠的に強力なクリーチャーが殆どいなくなります


16位

15位の方のデッキに、にやにや笑いの悪魔を追加したタイプ
ソリンは守りよりのカードを抜くと、プレインズウォーカースキルを上手に使わないと
守りの線がかなり細くなるなと感じてます


17位

2位の方と同じ型のテゼレット


18位

少し前からずっとランキングにいる「静電気式打撃体」と「歩行バリスタ」を両採用した型
構成としてはかなり珍しい気がします。
対応幅は広くなりますが、太い攻めのデッキは受けきれない・押し負ける気がします
プレイングでカバーしているのでしょうか……結構興味深いです(チャンドラ好きなので)


19位

こちらも2位の型と同じ強奪する悪魔を使ったテンプレデッキです


20位

最後にかなり珍しいリリアナデッキです
構成としては非常にわかりやすいですが、ゾンビシナジーのカードが少なめの中で
「蠢く骸骨」を採用しているのはかなり珍しい気がします

リリアナのスキルの使い方が非常に上手いプレイヤーなのかもしれません。
ゾンビもですが特に面晶体のDPSはかなり高いので、うまくスキル使いこなせば強い…のやも。